井筒仁康 公式サイト

井筒選手所属 Will-Raise Racing
  • トップ
  • プロフィール
  • 日程・戦歴
  • ギャラリー
  • スポンサー募集
  • ストア

RESULT

'17 参戦レース日程

17/09/30-10/01

レース結果

▼ 決勝レース

順位 車番 ライダー 型式 チーム名 周回 所要時間 km/h トップ差 ベストタイム 周回
1 634 水野 涼 HP6q MuSASHi RT HARC-PRO. 19 29'06.419 145.031   1'31.207 17
2 44 関口 太郎 HP6 SOX Team TARO PLUSONE 19 29'07.398 144.950 0.979 1'30.914 10
3 4 生形 秀之 GSX-R MFD6 エスパルスドリームレーシング 19 29'19.441 143.958 13.022 1'31.751 4
4 32 榎戸 育寛 CBR600RR MOTO BUM HONDA 19 29'23.077 143.661 16.658 1'31.904 4
5 31 岩戸 亮介 MD600 Team髙武 RSC 19 29'26.450 143.387 20.031 1'31.677 2
6 70 岩﨑 哲朗 ZX-6R OGURAclutch with パワービルダー 19 29'28.906 143.187 22.487 1'31.985 4
7 39 柴田 陸樹 ZX-6R RS-ITOH&AUTOBOY 19 29'30.219 143.081 23.800 1'32.342 13
8 8 作本 輝介 MD600 Team髙武 RSC 19 29'36.563 142.570 30.144 1'31.469 3
9 10 大木 崇行 HP6 T.Pro HARC 19 29'37.341 142.508 30.922 1'32.502 10
10 392 村瀬 健琉 GSX-R600 ミクニ テリー&カリー 19 29'37.459 142.498 31.040 1'32.381 13
11 93 稲垣 誠 YZF-AS6 AKENO SPEED・YAMAHA 19 29'55.249 141.086 48.830 1'33.272 10
12 16 中本 郡 HP6 TONE RT SYNCEDGE 4413 BIZEN 19 29'55.578 141.061 49.159 1'33.594 2
13 ▲36 徳留 真紀 SPEED UP マルマエPLUSONE 19 30'02.067 140.553 55.648 1'32.347 10
14 ●■72 関 一正 YZF-KS6 T.R.P. 18 29'11.585 136.993 1 Lap 1'36.380 13
15 28 朝比奈 正 Z600 アサヒナレーシング 18 29'29.122 135.635 1 Lap 1'37.029 4
16 85 梅島 明 ZX-6RFS チーム備前精機&BH&脇坂R 18 29'44.281 134.482 1 Lap 1'37.791 16
17 21 赤間 清 HP6 Mistresa RT HARC-PRO. 18 29'45.379 134.400 1 Lap 1'37.761 2
18 27 山内 宏之 YZF-R6 立秋モータース&RC甲子園 18 29'47.951 134.206 1 Lap 1'38.024 2
------- 以上チェッカー -------
19 5 石塚 健 ZX-6R WILL-RAISEracingRS-ITOH 16 24'30.801 145.018 3 Laps 1'31.000 12
------- 以上完走 -------
  33 KUBO Keiminth YN6 Thailand ヤマハチームノリック 10 15'38.412 142.057 9 Laps 1'32.393 6
  17 井筒 仁康 ZX-6R WILL-RAISEracingRS-ITOH 出走せず
●ゼッケンNo.72は、2017 岡山国際サーキット2輪レース特別規則 2017 OKAYAMAロードレースシリーズ規則 第19条 7.(ホワイトラインカット2回)違反により、罰金1万円を科した。(11:28)
▲ゼッケンNo.36は、MFJ国内競技規則 付則4 ロードレース競技規則 4-1-3-1 (黄旗区間の追い越し)により、決勝結果に30秒を加算した。(12:06)
参加台数:21台 出走台数:20台
ベストラップ: 44 関口 太郎 1'30.914 10/19 146.631km/h
 
■ゼッケンNo.72は、2017 岡山国際サーキット2輪レース特別規則 2017 OKAYAMAロードレースシリーズ規則 第19条 7.(ホワイトラインカット2回)違反により、ペナルティポイント1点を科した。

レースレポート


スポンサー各位

第8戦 岡山国際サーキット(岡山)

全日本選手権も後半戦に入り、6月のオートポリスから3ヶ月振りのレースとなりました。
3ヶ月のインターバルがあり、肩の方もリハビリを続け大分と回復してまいりました。
金曜日の走行ではマシンのセッティングを詰めタイヤテストを重ねながらの走行となりました。
土曜日の予選ではタイヤの確認を行い、タイムアタックでは1分31秒9と8番手のタイムで予選を終えました。
日曜日朝のフリー走行ではマシンの確認をしながら走行していたのですが、2コーナーで転倒してしまい両足を骨折してしまいました。
肩の怪我が回復していただけに、決勝は走る事ができず残念です。

次戦最終戦の鈴鹿までには怪我を治し参戦したいと思いますので応援よろしくお願いします。
井筒仁康
SPONSORSTORE
井筒選手所属 Will-Raise Racing
COPYRIGHT 2013 HITOYASU IZUTSU.ALL RIGHTS RESERVED.